データの取り扱いに気をつけてパソコンを使用する

管理する

名刺管理の電子化と名刺の電子化

名刺交換は日本のビジネス界において古くから行われているしきたりであり、新しい人に出会う度に名刺を手に入れることになります。そのため、その名刺管理を行うのが情報管理の上でビジネスマンにとって重要な仕事の1つになっています。 現在ではその名刺をスキャンして電子化して名刺管理を行うのが標準的になる傾向が生まれています。そうすることによって名刺本体は実質上不要になってきているということもできるでしょう。エコの世の中であることも考慮すると、今後は名刺そのものの電子化の流れも生まれてくると予想されます。それによって紙の資源を削減できると共に、名刺スキャンの手間がなくなるため効率的に名刺管理を行えるようになると期待できるからです。

電子名刺が実現した際の普及についての注意

名刺管理の電子化が進み、それを容易にする新たな文化としてもし名刺の電子化が進んできたとしたら注意しなければならないことがあります。多くのビジネスマンがスマートフォンやタブレット端末を持ち歩くのが一般的になったため、それが電子名刺交換の媒体となると予想されます。しかし、普及率が100%というわけではないため、紙媒体の名刺が不要になる時代が到来する可能性はあまり期待できないのです。 携帯電話の番号やメールアドレスの交換の際に赤外線通信が使われるようになったものの、それが全ての人に広まったわけではありませんでした。そのため、電子名刺による交流が広まる可能性はあるものの、紙の名刺もまた需要が絶えることはなく、そのための電子化のシステムもまた需要を保ち続けるでしょう。