データの取り扱いに気をつけてパソコンを使用する

利用する

ERPパッケージのメリット

システムを刷新する場合、ERPパッケージの導入は選択肢の1つになります。 ERPパッケージは、基幹業務である販売管理や製造管理から、経理業務である会計管理や人事給与管理までを統合的に管理し、そして、データを一元的に保持するシステムです。 ERPパッケージには、これらのシステムやサブシステム毎に豊富な機能を保有しており、必要なシステムだけ導入(契約)して、必要な機能だけ利用したり、カスタマイズして利用するというメリットがあります。例えば、自社の販売システムが特殊である場合は自社開発で賄い、会計システムだけERPパッケージを導入するという方法もあります。 1からシステムを開発する場合とは比較にならないほど、導入にかかる期間を短縮できます。 それでも、必要なカスタマイズや新規開発には費用と時間が伴い、導入後の保守にも工数がかかります。

クラウドサービス上で稼働する場合のメリット

ERPパッケージがクラウド化されている場合、自社にシステムを常駐させる必要がないため、いくつかのメリットを得ることが可能です。 まず、システムの導入が決定してから稼働するまでの期間を短縮できます。 システム分析で最初にすることは、自社の要件とERPパッケージの仕様とのギャップがどの程度あるかを把握し、そして、そのギャップをいかに埋めるかを検討することです。どんなシステムでも、自社の要件を100%埋めることは不可能です。ギャップを埋めるために、新たな機能を追加開発するか、あるいは、自社の運用方法を変えるか、いずれも選択肢の1つになります。 次に、晴れて本番稼動した後で、システムを保守する工数を大幅に短縮できます。 日々の入力や一括処理の起動は自社が行ないますが、定期的なデータのバックアップやサーバーの保守などはERPパッケージのメーカー側の責任で行なわれます。