データの取り扱いに気をつけてパソコンを使用する

体験版の利用

ライブCDを使うと内蔵ハードディスクを調べることができる

突然PC内蔵のハードディスクが起動しなくなることがあります。原因は、ハードディスクの以上のことが多いのですが、システムボードが不良のこともあります。もし、ハードディスクがおかしいのであれば、取り外して、OSが使える他のPCにUSB経由で外付けにして調べることもできますが、ライブCDを使うと取り外しなどの面倒なことをしなくても調べられます。 ライブCDは、CDからOSを起動できるもので、Windowsベースのものでは、Windows PEがあります。また、Linux系ではKNOPPIXが良く使われます。 例えば、Windows PEを使うとしましょう。このCDを光ドライブメディアに挿入して起動しますと、そのシステムのファイラー(エクスプローラーのようなもの)が使えますので、内蔵ハードディスクのデータ復旧の可能性がでてきます。

もっと深刻なトラブルの時にデータ復旧をする方法はないのでしょうか

ハードディスクの壊れ方がひどい時には、上記のようなライブCDでは、データ復旧が困難なことがあります。つまり、ファイルシステムに異常があって、ファイルのコピー自体が拒否されるため、USBなど他のメディアにデータを移せないような場合です。 このような時には、機能が充実しているソフトウェアを使うと上手くいく場合があります。このようなソフトは、ハードディスクに読み取り不能な部分があっても、読み取れるところだけ取り出すことができますので、ファイルの一部は犠牲になることもありますが、運が良ければ大部分のデータ復旧ができます。 このような高機能なソフトは、有料であることが多いのですが、データ復旧可能か確かめるために、無料体験版を提供しているところもあります。このようなソフトは、深刻なハードディスクのトラブルの時には、一考の価値があるのではないでしょうか。